カッツケ釣りとは?仕掛けは?意味は?

投稿日:2018年1月26日 更新日:

 

ヘラブナ釣りの釣り方の一つとしてカッツケ釣りというものがあります。

 

カッツケ釣りはメーター規定のある管理釣り場では、出来ない釣り方ですが、テンポが速い釣り方でとても面白いです。

 

カッツケ釣りについて詳しく説明していきます!

 

ヘラ先生
カッツケ釣りで爆釣だ~~!!

 

カッツケ釣りとは

カッツケ釣りとは一般的に水面の近くにいる魚を釣る釣り方であり、テンポの良いエサ打ちと素早いアタリを取っていく釣り方です。かっつつけ釣りは、前回説明しました、浅ダナ釣りにも含まれます。

 

カッツケ釣りは、夏場のヘラブナが水面に背びれを出すぐらい湧いているときに有効な釣り方です!

 

カッツケ釣りと言いましても、釣っていくタナ(おもりからウキまでの距離)によって呼び方は少しずつ変わっていきます。

 

カッツケ釣りには大きく分けてこの二つのものがあります

 

ハリスカッツケ

セミカッツケ

 

ハリスカッツケとは

ハリスカッツケというのは、浮きがジョイントのすぐ近くにセットして釣る釣り方で、極めて水面直下のタナを狙う釣り方です。

 

つまりエサが水面に着水するころにすぐにウキが立つことになります。このウキが立った直後のアタリというのは、まだハリスがたわんでいる状態なのでウキに性格なアタリが伝わらず、ウキが縦に当たらず横に振れるような「ブレアタリ」となることもあります。

 

このハリスカッツケの嫌なところは、タナを取らない分ハリスがウキに絡まってウキのトップが折れてしまうことがよくあるとこです。

 

ヘラ先生
でもこのハリスカッツケは、エサを打った直後に当たるスリルが楽しいのだ~

 

セミカッツケとは

セミカッツケはハリスカッツケが水面直下の魚を狙う釣り方に対して、ややタナを取った釣り方のことを言います。

 

だいたいウキからおもりまでの距離が50センチくらいのタナを狙った釣り方です!

 

自分はカッツケ釣りをやろう!と決めていても初めからハリスカッツケをすることは少なく、このセミカッツケからスタートすることが多いです。

 

セミカッツケで実際に釣りを始めてみて、ヘラブナが自分の狙っているタナよりも上にいるなと思ったらどんどんタナを上げていき、気が付いたら、ハリスカッツケになっていたということが多いですね。

 

カッツケ釣りと言いましても、水面から何センチくらいのタナを狙っているのか曖昧なので、タナ~センチのカッツケ釣りと言うことが多いですね!

 

折り返しと言われる釣り方とは

カッツケ釣りで「折り返し」という言葉があります。

 

「折り返し」の意味は、おもりからウキまでちょうどウキ一本分のタナで釣りをすることです。

 

なので狙うタナの深さもウキ一本分ということです。

 

よく「折り返しのタナ」と言ったりもします。

ヘラ先生
覚えておいて損はないぞ!

 

カッツケ釣りのコツ

カッツケ釣りはとにかくテンポの速い釣り方です!

 

常に次打つエサを準備しておかなければいけないのはもちろんのこと、正確なエサ打ちも求められます。

 

また、水面にいる魚はあまり食い気がないガサベラと言われている魚がたくさんいます。

 

水面にたくさんのヘラブナが見えているからと言っても、その魚がやる気のない魚かもしれません。

 

あまり水面に見えている魚に惑わされずに、ウキの動きから魚の食い気やタナを見極めていった方がいいかもしれないですね。

 

カッツケ釣りの竿は?

カッツケ釣りをするときは、基本的に短めの竿を選択します。

 

その理由は、カッツケ釣りは手返し重視の釣りなので、短い竿の方がテンポよくエサ打ちができるからです。

 

カッツケ釣りをしたいけど何尺つかえばいいの?

 

と思う方は、まずは管理釣り場でしたら、規定最短竿が無難でいいと思います。

 

ヘラ先生
カッツケ釣りを極めたいという人は7尺と8尺の竿は必須アイテムだな

 

カッツケ釣りの仕掛けは

カッツケ釣りの仕掛けは、基本的に繊細です。

 

その理由は、カッツケ釣りはおもりからウキまでの距離が近い釣り。つまりは竿先からウキまでの距離は遠いということですよね?

 

なので、水面に浮かんでいる道糸がとても長いということになります。

 

水面に浮かんでいる道糸が長ければ長いほど、風の影響を受けやすいので、カッツケ釣りをするときは細めの道糸を使うのが基本です。

 

また、細い道糸を使う理由はもう一つあります。

 

カッツケ釣りは、タナが浅いので小さめのウキを使います。

 

もし小さいウキで太い道糸を使うと、ウキが立ちにくくなります。(おもり負荷量が少ないため)

 

そのためにも細めの道糸を使うのが好ましいでしょう。

 

どのくらいの太さかと言うと、0.6号~0.8くらいがいいですね。

 

ですが、どこの管理釣り場も魚の大型化が進んでいるので、あまり細すぎるのも道糸が切れてしまう原因にもなります。

 

無難に0.8号くらいがいいかなと僕は思います。

 

もちろん釣り場や魚の大きさ、釣るタナの深さに応じて太さを変えるのが好ましいです。

 

ハリスの太さは、使う道糸の半分の太さのものでいいと思います。

 

カッツケ釣りの浮きは?

先ほども言いましたが、カッツケ釣りの浮きは小さめです。

 

どれくらいかと言いますと、ボディの大きさが3センチ~5センチくらいが基本となります。

 

その時の、魚の量やタナの深さによってボディの大きさを変えていくのがおススメです。

 

初心者の方でカッツケ釣りの浮きを買おうかなと考えている方は、まずはボディが4センチ前後から揃えていくのがいいと思います。

 

まとめ

今回はカッツケ釣りについて説明していきました。

 

カッツケ釣りをするときに魚が見えてくることもしばしばありますが、見えているからといって簡単に釣れるわけではありません。

 

底釣りが好きな方からしてみれば、カッツケ釣りは簡単に釣れるし何が楽しいんだろう?と言っている方もたまにいますが、カッツケ釣りの醍醐味は、水面直下という環境の変化を受けやすいタナで、時合に応じて対応していき、いかに他の人よりも「数多く釣る」という魅力があると思います。

 

案外周りの人よりも数多く釣るというのは、簡単ではないということが分かると思います!

 

また、ヘラブナ釣り初心者の方は、まずはエサ打ちのテンポを要求される「カッツケ釣り」をたくさん練習して

 

エサ打ち→アタリ→合わせる→取り込み というヘラブナ釣りの基本的な一連の動作をシッカリと身に着けるというのもいいですね!

 

ぜひみなさんもカッツケ釣りをお楽しみください!両ダンゴの釣りでもセットの釣りでもカッツケは楽しめますよ!!

 

 

-ヘラブナ釣り初心者, 釣り方
-,

Copyright© 通販販売店まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.